【PR】簡単!!お小遣い稼ぎ
アンケートに答えるだけでお小遣いゲット!! 1P=1円で換金!!ノーリスク!確実なリターン!!
マクロミルへ登録
プロフィール

のりぴー

Author:のりぴー
198?年 午前0時、とある田舎で
    産声をあげる。
2008年 友人の影響をモロに受け、
    PCの世界にどっぷり
    ハマる。
    最初は、いろんなジャンル
    のソフトウェア分野に
    ハマり出す。
2010年 さらなる進化を求めて、
    ハードウェア分野 に
    進出。
2011年 PCを使って投資が
    できないかと考え、
    行動する。
2012年 現在、BO投資を実践中。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
訪問者数
都道府県別のアクセス数

ジオターゲティング
カテゴリ
月別アーカイブ
【PR】
ペット霊園を奈良でお探しなら大塚山ペット霊園

労働問題を東京で相談するならアイリス税務・労務事務所

七五三の写真スタジオはハーツスタジオサイト

抽選機のレンタルならアルサネット

スポンサードリンク


頭金「ゼロ」でできる、『光速』収益不動産投資成功法

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク


頭金「ゼロ」でできる、『光速』収益不動産投資成功法

Ubuntuに潜む危険を回避する方法

Ubuntuの使い方の第3弾です。

このUbuntuは、OSのトラブル時にデータを取り出すのにとても重宝するものですが、

一歩間違えると、悪用ツールとして使われる危険性があります。

今回は、Ubuntuに潜む危険性の例示とそれらの危険に対する防衛策を紹介したいと思います。


Ubuntuの危険性①

 Ubuntuは、もともとのOSが不調であっても、Ubuntuさえ起動すできれば、データを取り出せる

 ということが特徴でした。

 つまり、windowsのログインパスワードが分からなくても、データを抜きとれるということです。

Ubuntuの危険性②

 よくUSBフラッシュメモリのアクセスを制限するソフト(一般的に情報漏えい対策ソフトとして販売)

 が、販売されていますが、Ubuntuを起動すれば、それらのソフトは無効になります。

 つまり、Ubuntuが起動すると、あらゆるUSBフラッシュメモリのアクセスを可能にします。

*********************************************

Q,なぜ、情報漏えい対策ソフトなどのソフトが無効になるのか?

A, 情報漏えい対策ソフトは、OSに依存するソフトです。たとえば、windowsというOSにインストールが

  可能な製品の場合、windowsというOS立ち上がっていないと、このソフト自体は起動することができません。

   ↓に起動までの流れを書いておきます。参考にどうぞ。

 一般的なパソコンの起動の流れ

   電源を入れる ⇒ BIOS ⇒ windows or Mac ⇒ アクセス制限ソフト起動

  これが、Ubuntuを起動すると、途中で流れが変わります。
 
 パソコンの起動の流れ(Ubuntuの場合)

   電源を入れる ⇒ BIOS ⇒ windows or Mac ⇒ アクセス制限ソフト起動
                ↓
               Ubuntu ⇒ アクセス制限ソフト起動せず 

*********************************************

以上が、Ubuntuの危険性です。

では、次に、それらを防ぐための方法を紹介したいと思います。


防衛策①(HDD内に仮想HDDを作り、そこに重要データを保管する方法)※初心者~

 当ブログで紹介した「誰にも見られなくするには・・・ 」に書いてあることを実行します。

 詳しくは、コチラをクリック

 http://ijirupc.blog91.fc2.com/blog-date-20101121.html

 この場合だと、このソフトを起動し、パスワードを入力しない限り、OSに関係なくアクセス不可のため

 おススメです。


防衛策②(データ自体を暗号化にする)※初心者~
 
 当ブログで紹介している「簡単にできるUSBメモリ暗号化」の記事を元に、データを暗号化します。

 詳しくは、コチラをクリック

 http://ijirupc.blog91.fc2.com/blog-entry-2.html


防衛策③(BIOSの設定を変える)※中~上級者向き

 ①BIOSを起動する。

 ②「BIOS SETUP UTILITY」の画面から矢印で「boot」を選び、「Enter」キーを押す。

 ③「Boot Device Priority」を選び、「Enter」キーを押す。

 ④1st Boot Deviceで、「CDROM」ではなく、OSが入っている「Hard Disk Drive」に変える。

 ⑤「Security」⇒「Password」⇒「Power-on Password」で、自分の好みのパスワードを設定します。
 
  (パスワードは確認を含めて2度打ち込みます。)

 ⑥ 設定終了後は、保存し、「Esc」キーで、Exitする。

※パスワードを忘れた場合、メーカーに送らないとBIOSパスワードのリセットはできません。


防衛策④(HDD そのものにロックをかける)※上級者向き

 BIOSの設定画面で、「Hard Disk Password」を設定する。

 設定するとHDDにロックがかかり、起動してもパスワードを入力しない限り、

 HDDの中身を見れなくなります。)

※防衛策④は、かなり強力ですが、HDDパスワードを忘れた場合、メーカーに送っても

 絶対に復旧できないので、注意が必要です。


少し、手間がかかりますが、Ubuntuを他人に使わせないために、

また被害に遭わないために、一度セキュリティのことを考えてみては、

いかがでしょうか?


※悪用は厳禁です。悪用した場合、不正アクセスにより、罰せられる可能性があります。

 使用は自己責任でお願いします。何らかの被害が出ても当管理人は一切責任を負いません。

*********************************************

ブログランキングに参加しています。参考になれば、下のバナーをクリックしてください。

  人気ブログランキングへ

 

FC2ノウハウ
スポンサーサイト

テーマ : セキュリティ
ジャンル : コンピュータ

スポンサードリンク


頭金「ゼロ」でできる、『光速』収益不動産投資成功法

(続編)OS不調時に使える裏ワザ

前回、Ubuntuを使ったデータの復旧について、紹介しました。

また、前回では、外付けHDDやフラッシュメモリに保存する方法を紹介しました。

まだ、見ていない人はコチラをクリック

http://ijirupc.blog91.fc2.com/blog-entry-28.html


でも、今回は、外付けHDDやフラッシュメモリが不要のテクニックを紹介したいと思います。

それは、HDDをシステム用とデータ用に擬似的に分割し、データを保存します。。

この方法は、壊れたOSのデータを残したままデータを保存し、さらに新しいOSをインストールする

方法です。

********************************************

≪良いところ≫

①HDDを分割するのに、他のソフトをインストールする必要がありません。

「Ubuntu」のLive CDが1枚あれば、分けられます。

②前回の環境設定(デスクトップデータやマイドキュメント、メールデータ、お気に入り)が、

 外付けHDDを介した復元よりも、簡単に、復旧できる。

③旧データと新データの階層が全く同じなので、階層ごとコピーできる。

④以前のデータを、いつでも好きな時に参照できる。

⑤分割したHDDは、後で1つのドライブとして結合が可能

≪悪いところ≫

少し手間がかかる。

*********************************************

≪用意するもの≫
 
「Ubuntu」のLive CD ×1

(作り方は、コチラをクリック)

http://ijirupc.blog91.fc2.com/blog-entry-28.html


≪分割する方法≫

①「Ubuntu」のLive CDをセットし、Ubuntuを起動させる。

②起動したら、画面上部のメニューバーの「システム」から

 「システムの管理」→「パーティション・エディタ」を選ぶ。

③パーティションの1つを選んだ状態で、「リサイズ/移動」をクリックする

④現在のパーティションを縮小して、右端にずらしていく。

(緑の囲みの中の黄色がデータ、白が空きスペースを表しているが、空きスペースがなくなるまで、

 リサイズして良い。)

⑤右端までずらしたら、「リサイズ/移動」をクリックする。

⑥「未アロケート」を選んだ状態で、「新規」をクリックする。

⑦「ファイルシステム」を「ntfs」に変え、「追加」をクリックする。

(パーティションのサイズもここで変えられるが、他に分割する必要がない場合は、そのまま。)

⑧画面上部の「編集」から「全ての操作を適用」を選ぶ。

⑨「分割」が実行されます。終わったら、「閉じる」をクリックする。


≪新しくできたパーティションを起動ドライブに設定する方法≫

①新しくできた先頭のパーティションを選んだ状態で、「右クリック」→「フラグの管理」を選ぶ。

②「boot」にチェックを入れて、「閉じる」をクリックする。

これで、新規パーティションが優先的に起動(boot)するドライブになります。
(windowsをインストールすると、Cドライブとして設定されます。)


≪OSをインストールする≫

①パーティション・エディタを終了させる。

②Ubuntuの右上にある「Live session User」→「再起動」を選ぶ。

③「Please remove the disk the tray」の表示が出たら、代わりにOSのインストールディスクを

 光学ドライブにセットして「Enter」キーを押す。

 ⇒再起動されます。

④OSのインストールウィザードに従い、インストールする。。

※OSのインストール場所は、容量を手掛かりに、さっきUbuntu作ったパーティションを選ぶ。)


これで、新しいOS環境と古いOS環境や今までのデータがそのまま入っているドライブが作成されます。

***********************************************

≪インストール後すること≫

 ◎以前のドライブから、復元したいデータを階層ごとコピーし、Cドライブの同じ階層に

  上書きコピーする。

 上の動作を繰り返す。

 これで、以前の設定やメールの履歴をそのまま引き継ぐことができる。

 ※ただしメールデータを表示するには、隠しファイルとフォルダを表示させた上で、

  コピーしないと反映されないので、注意が必要。


*隠しファイルとフォルダを表示する方法

 ①「スタート」→「コントロールパネル」→「フォルダオプション」の順にクリックする。

 ②「表示」タブを選び、「すべてのファイルとフォルダを表示する」にチェックを入れる。

 ③「保護されたオペレーティングシステム ファイルを表示しない(推奨)」のチェックを外す。

*********************************************

手順は、少し複雑ですが、この手順で行うと、再インストール後の設定がとても楽です。

おススメですよ。

機会があれば、やってみてください。

ブログランキングに参加しています。参考になれば、下のバナーをクリックしてください。

  人気ブログランキングへ



FC2ノウハウ

テーマ : 役立つツール
ジャンル : コンピュータ

いじるPCのメルマガ
いじるPCの新着情報をいち早くお届け♪
メルマガ購読・解除
 
無料レポート紹介
自作の無料レポートです。 ぜひ、お試しください。
最新記事
最新コメント
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。